スキー理論

【指導員の試験対策】スキー指導の展開<コラム4>

この記事は,スキー理論のコラム第4弾になります.コラムのまとめはこちらの記事をご覧ください.今回は,内傾が必要な理由についてお伝えしていきます.スキー教程では,「静的内傾維持」と「動的内傾促進」という言葉が使われていますが,内傾の必要性を理解することはスキーヤーにとって必須です.

そこで,この記事では力学的なスキーの特性に基づいて,ターン中に内傾するということがどのような影響を与えるのか解説していきたいと思います.

★この記事の流れ★

ターン中の内傾運動について
ターンの目的
 スキーヤーに働く力
 内傾の定義
 内傾の必要性
に焦点を当てて考えていきます.

今回は,スキーヤーが混乱しやすい内傾ついて説明するぞい!
滑りがカッコいい人ってたしかに傾いているけど,内傾ってそのこと?
半分合ってるが,半分間違えじゃ。初心者はどうしてもシルエットに捉われがちじゃが,重要なのは身体・板・雪面の関係じゃ。滑り姿だけでスキーを学ぶと大変なことになるぞ。
今日の博士,なんか怖い…

ターンの目的

突然ですが,スキーヤーはなぜターンをするのでしょうか.「爽快感があるから」「方向を調整するため」などが考えられますが,1番重要なターンの目的は「スピードをコントロールするため」です.

そして,ターンを物理的に成功させるために内傾が必要なのです.ここで,物理的に成功させるというのは「系の力がつりあった状態」とすることにします.簡単に言えば,安定している状態です.詳しくは,こちらのコラムをご覧ください.

さて,今回は内傾の必要性の話でしたね.スキーヤーは内傾の度合いによって「ターン弧の深さ」「雪面からの抗力」「雪を削る量」を調節することができるのです.以上を,スキー教程の言葉を使って理解してます.

まとめ

静的内傾維持
=ターンの成功に必要な内傾を維持し続けること

★動的内傾促進
=ターンの成功に必要な内傾に加えて,その度合いを変化させることによりターン弧の深さ・雪面からの抗力・雪面を削り取る量を調節すること

スキーヤーに働く力

スキーヤーにはたらく力3次元版

滑走中のスキーヤーには,「重力」「遠心力」「雪面からの抗力」がはたらきます.このうち,重力は常に地球の中心向き,遠心力はターンの外側向きの力になります.詳しくは,こちらの記事をご覧ください.

内傾の定義

3軸の定義

3つの体軸を雪面の垂直面からの角度として,以下のように定義します.

●角度a:軸A(エッジ)の角度
●角度b:軸B(外脚と腰の中心)の角度
●角度c:軸C(外脚と頭の中心)の角度

ここで,内傾とは「角度a>角度c」である状態と定義します.そして,みなさんおなじみの内倒は,「ほぼ角度a≦角度c」である状態と定義します.

一般的な内倒の定義は広いので,「ほぼ」という言葉を使いました.
以上の定義は,当サイト独自の定義ですのでご注意ください.

ちなみに,軸Bは外肩を通るのが理想的だとされています.

重要な体軸

内傾の必要性

視点③から見たスキーヤーにはたらく力

内傾が必要な理由は,「遠心力につりあうような重心位置に移動するため」です.その方向は,上の図で左に移動する量と下に移動する量が多ければ多いほど,深い内傾になります.

また,内傾の深さは板をよりたわませるためにターン弧を深くします.

ターン弧によるスピード制御

同時に,雪面からの抗力を得やすい方向にエッジングを強くする働きもあります.雪面に食い込ませる方向にエッジングを強めることで,より強い力で雪面からの力を受けることができます.

雪面からの抵抗によるスピード制御

まとめ

お疲れさまじゃ!内傾の必要性は理解できたかい?
うん!でも内倒って言葉もでてきて混乱しちゃたよ…。
内倒についてはまた後で詳しく解説するぞい。とりあえず,今回は内傾が「安定性維持のために必要」であり「ターンをコントロールするために」利用されることが分かれば十分じゃ!
今日,盛りだくさんすぎない…?
参考文献

[1]”日本スキー教程.” 山と渓谷社(2018)
[2]”スキーの科学とスノーボードの科学.” 岡部(2017)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です